CDMAとEV-DO

30年に及ぶ進化。

25年以上も前に、Qualcommが最初にCDMAを使って通話をした時は、それが現在まで使い続けられることになるとは、誰も想像していませんでした。 しかし実際は、その進化における次のステップであるEV-DOを通して、こうやって世界中でCDMAのコネクティビティの改良をおこない、そして投資を続けてきています。

CDMAを一番よく知っているのは、私たちです。

CDMAの草分け。

QualcommがCDMAを開発したのは1985年です。そして1993年には、世界の2大無線通信規格のひとつになっていました。

常に成長。

現在、全世界で5億以上のCDMA/EV-DOの接続があります。

常に進化。

音声キャパシティの増大、データレートの増加、そしてユビキタスなブロードバンドサービスを通して、CDMA/EV-DOは常に進化をしながら、より多くのコンテンツをお届けします。

CDMA とEV-DOに関する詳細は、グローバルウェブサイトをご覧ください。